日記

停滞2日目
2019.11.25

夜中風雨は強く、収まる気配は無かったが、夜明け前にパタリと風は収まった。
昨日よりもさらに少なく朝ごはんを済ませ、外に出ると、昨日と同じように生暖かい風が流れ、霧雨が降っていた。

ラジオを聞きながら、窓越しに外を眺めていると、北から徐々に風向きが変わり、午後は一気に気温が下がるとの天気予報が流れた。
すると、予報通りに昼前に弱まっていた風が、西から一気に強く吹き始め、気温はぐんぐん下がり始めた。避難小屋の中も、吐く息は白くなり、爪先も冷たくなった。
さらに、風は強くなり続け、外に出てまともに風を受けると立っていられないほどとなっていた。

夕暮れ、風は底知れず強くなり、時おり避難小屋にゴゴゴと揺らす音が響いた。
今こうして日記を走らせる最中も、風は衰えを知らないようだ。
明日の朝、予報通りに3日ぶりの穏やかな青空を見られることを祈って寝ることにした。

!登山ルートをYAMAPでチェック!

 この日記に書かれている場所はこの辺りです

Web Services by Yahoo! JAPAN