日記

今春最後のスキー縦走へ
2019.05.03

さすが日本一のスキーリゾートの志賀高原。ゴールデンウィーク期間中もスキー場は運営し、活気がある。今日から今春最後のスキー縦走が始まる。
行程は2泊3日で、岩菅山(いわすげやま)、白砂山、佐武流山(さぶりゅうやま)と縦走し、再び志賀高原へと帰ってくる。

朝6時に出発、初日は岩菅山へ登り、野反湖まで縦走する。コースタイムは15時間と長丁場だ。
スタートから3時間ほどで岩菅山へ登頂した。二百名山の時は、白砂山への登山口を勘違いして、慌ててしまい雨のなかを切明温泉(きりあけおんせん)から志賀高原まで、林道を走り、急いで岩菅山へとかけ登って、これから進む群馬県との県境稜線を猛然と走ったことを思い出した。
したがって、岩菅山の記憶はほとんどなく、今回は見事な天候に恵まれて、山頂からの眺めを焼き付けることができた。

ゆっくりしたいところだが、県境稜線の激しいアップダウンが続くため、すぐに下山して、赤石山、大高山を目指した。
この時期はまだ雪は十分にあると予想していたが、野反湖が近づくにつれて、雪はどんどん少なくなっていった。雪がなくなりスキーを外す場面も。
それでもスキーを最大限に生かし、山頂を通過せずにトラバースをすることで、コースタイムを縮めることができた。

夕方、氷が張った野反湖に到着した。
終盤の雪がない場所をスキーを担いで登ることが増えたために、予想よりも体力の消耗が激しかった。
初日だったが、ヘロヘロで食事を食べたあとは、一気に眠りに落ちた。
明日は白砂山と佐武流山に縦走していく予定だが、予定変更が必要そうだ。

!登山ルートをYAMAPでチェック!

 この日記に書かれている場所はこの辺りです

Web Services by Yahoo! JAPAN