日記

六甲全山縦走2日目
2018.06.22

昨晩の念願の夜景は最高だった。
天気予報では眼下の町は今年一番の暑さになるという予報だった。しかし、六甲稜線は涼しげな風が流れ、昨日の蒸し暑さもない。
六甲全山縦走路の後半となる今日は、ゴールの宝塚駅までコースタイムは約7時間、931mの六甲山最高峰までは緩やかに登り、その後は細かいアップダウンを繰り返しながら、標高を下げていく行程だ。

まだ、六甲山稜線の住宅地や観光施設は静まったまま。鳥のさえずりが聞こえる日本最古のゴルフ場を抜けていく。途中のガーデンテラスからは、雲海もみえた。下界は午前中から気温が高そうだ。

9時過ぎ予定通り六甲山の山頂へ到着。平日にもかかわらず数人の応援の方々が拍手で迎えて下さった。
実は全山縦走するのは初めてだが、六甲山最高峰に登頂するのは2度目。昔はアメリカ軍の軍用施設あり、現在の山頂には立ち入ることが出来ない時代もあったそうだ。
縦走路も時間とともに気温が上がる中、宝塚駅を目指し、山頂を後にした。

駅までの14キロほどは展望が少ないが、自然にあふれ、前半の慌ただしくも楽しい雰囲気とは違い、縦走を振り返りながら、クールダウンをするような雰囲気があった。
またいつか違う季節でも、六甲全山縦走をしよう。武庫川(むこがわ)沿いを歩きながら登ってきた六甲山を眺めた。

!登山ルートをYAMAPでチェック!

 この日記に書かれている場所はこの辺りです

Web Services by Yahoo! JAPAN