日記

老婆心
2015.12.19

今朝も冷え込みは厳しく、水溜まりは凍り、霜が降りている。
約160年前に造られた通潤橋をじっくり観察した。
四方を川でかこまれた白糸台地の農地に水を引き込むために、考えられたのがこの橋で、橋の高さまで上流6キロから水路を造り、水の力をうまく利用して、見事に水を引き込んでいる。これを160年も前に可能にし、かつ今も現役ということにさらに驚いた。
また、水か漏れない仕組みに漆喰目地を用いられており、その技術の高さにも脱帽だ。

IMG_20151219_084437

通潤橋に感動したあとは、たんたんと熊本市に向けて歩いた。
昼過ぎに、トイレを借りたくて小さなガソリンスタンドに立ち寄った。
店のおじさんに挨拶をして、借りたあとは事務所にいるおじさんに向かって、「ありがとうございました!」と脱帽して一礼した。

IMG_20151219_085858

よし!行こうと思い歩き始めると、後ろから店のおじさんが事務所から出てきて、「あのさぁ~それでもいいかもしれないけど、出来れば事務所の扉をあけて挨拶をしてほしかったなぁ~あなたは特にテレビに出てる人だし、色んな人が見ているから、そういうところはしっかりとやった方がいいと思うよ!最近は挨拶もなく勝手に使っていく人もいるからね~あなたならどうかな~と思って事務所から見てたけど、口うるさいことかもしれないけど、老婆心だと思って!それじゃあ気をつけて!」
それを面と向かって言われたとき、久しぶりの注意に僕はそんな簡単なことができなかった恥ずかしさで一杯になった。
自分自身の未熟さを改めて感じ反省した。
それと同時に、おじさんからの注意をありがたいことだと感じた。

あなたは扉をあけて相手の顔を見てお礼を伝えることはできますか?

IMG_20151219_163351

 この日記に書かれている場所はこの辺りです