日記

縦走終わり♪
2015.10.17

連日の鼻をつくような冷え込みも今朝は少し和らいだ感じがする。
昨年に続いて今年もお世話になった剱御前小屋を7時過ぎに出発した。
この小屋も明日で小屋閉めとなるようだ。
着々と北アルプスに本格的な冬が近づいている。
北アルプス終盤戦も残す山は奥大日岳と毛勝山だけとなった。
今日は奥大日岳に登る。登るといっても、剱御前小屋から出発するので、下りるような感じになるが…

IMG_20151017_091713

今まで縦走してきた山々に比べると、目と鼻の先ほどの距離に感じる奥大日岳。文字どおり、あっという間に山頂に着いてしまった。
奥大日岳からの剱岳や毛勝三山などの展望は格別だった。急登で知られる早月尾根を真横から見たのは初めてだったが、見たまんまの険しさだ。

IMG_20151017_084844

北アルプス北部の山々の中で群を抜いて、剱岳の存在は大きかった。
眼下の富山の町並みの奥には日本海が広がっていた。海から一気に標高が3,000メートルも上がっていることが、町との距離感から感じた。
また、北アルプス最後の毛勝山は今いる奥大日岳からも本当に近くにあるのだが、登山口が魚津市側からとなるため、眼下の峰々を大きく迂回してからのアプローチとなる。
ということは、奥大日岳が北アルプス終盤戦の縦走最後の山となるわけだ。

IMG_20151017_104556

下山後の約1週間ぶりの舗装路は、昨日までのハードな行程で疲れている体にはちょうどいいクールダウンになるだろう。
9時半に下山を開始して、気持ちのいい草原を抜けて、週末の観光客で賑わう称名の滝に12時に下山した。落差日本一という滝の左右には見頃の紅葉があり、滝をより一層引き立ていた。滝を見たあとは一気に町に向かった。

立山に上ってくるいくつもの車から、たくさんの人が声援を送ってくれた。
山ではほとんど人に会わなかったので、久しぶりの賑わいに驚く自分がいた。僕は富山の人たちに温かく迎えられているのを感じ、長く厳しい縦走が終わったと思った。

IMG_20151017_120854

実は順調に宿まで進んでいたが、山に入っていたためロードマップを持っていなかったので、携帯のGPSを使っていたが、田んぼの畦道を歩いているときに、なんと!バッテリーがなくなってしまった。
うろ覚えで歩いていたが、暗くなってきたので通りがかった建設会社の方にお願いして、充電をさせてもらった。
初めて、歩いているときにバッテリーがなくなり、地元の方に充電をお願いした。
行き当たりばったり感が少しだけ新鮮に感じた。

結局、宿には暗くなってから到着した。
下山口から35キロの道のりはクールダウンとはいかず、最後は一生懸命走ることになった。
いい汗をかいたので、お風呂がとても気持ち良かった。明日は少しだけ短い舗装路歩きとなる。

 この日記に書かれている場所はこの辺りです