日記

民宿のおばあちゃん♪
2015.09.06

台風の接近が気になる朝、甲府の空はどんよりと今にも雨が降りそうで、ムシムシとしていた。
今日の予定は登山口のある徳和の集落まで30キロ歩き、午後イチで乾徳山に登る。
しかし、朝起きると体の疲れと、農鳥岳からの下りや昨日の70キロの影響で筋肉痛が激しいのに気がついた。
まぁ~歩き出せばどうにかなるだろうと簡単に考えていたが…8時前に宿を出発してから、1時間、2時間と経過しても、調子がなかなか上がらなかった。

去年も1日70キロ以上は数回あったが、その翌日は決まって、体がかなりの疲労や筋肉痛に襲われ、その度に「70キロ以上は歩いちゃダメだぁ!」と教訓としてきた。今年もこれまで70キロ以上歩いた日は一度もなかった。というよりも意図的に無いようにしていた。しかし…昨日は仕方がなかった。仕方がなかったが、やっぱり70キロは次の日のダメージが大きいと、久しぶりに身をもって再確認した。

IMG_20150906_120734

眠気が強い中、筋肉痛に耐えながら歩き続けたが、とても今日中に乾徳山に登れる元気はなかった。
徳和まで、10キロを切ったところで乾徳山は明日にすることにした。
途中の家の軒下で座って休んで、徳和の民宿山吹荘に着いたときには、強い雨が降り始めた。
宿の前を雨の中、登山者が下山してきた。
誰も重い足取りだ。

山吹荘の女将さんに
「予約していた田中です」と言うと、
「あれ?今日は予約は言ってたかしら…」と言った。
一瞬エッ?と思ったが、「まぁ今日は誰もいないからいいわよ、上がりなさい」ということで、部屋を案内してもらった。

実は予約を受けたのは、退職して実家に戻ってきた息子さんだったため、宿を今も管理しているおばあちゃんに伝わってなかったようだ。
また、後から分かったが、この徳和集落には昔は複数の民宿があったが、どこも高齢化で次々とやめてしまったらしく、今は山吹荘のみらしい。
さらになんと驚くことに宿の女将さんは今年で90歳のおばあちゃん!
孫が11人ひ孫が13人もいる。

IMG_20150906_122937

おばあちゃんは本当に優しくて、元気で面白い。
こんなことがあった。
おばあちゃんに頼んで二層式の洗濯機を借りて、洗濯をした。
それで、洗濯槽から脱水槽に洗濯物を入れて、スイッチオン♪ジジージーとダイヤルが回る音…しかし、肝心の脱水が始まらない。
ついさっき違うものを脱水した時まで回っていたのに。すぐにおばちゃんに「脱水が動かなかったことありますか?」と聞くと、「えー!?そんなことねぇずら~どれ~さっきは動いてたしー」と言いながら、洗濯機のところへ。
そして次の瞬間!ドンドンドン!ガタンガタン!バンバン!と豪快に叩き始めた。
「おーれうごけし~」するとーガタンガタン。ウィーン♪と動き出した!
これには思わず大笑いしてしまった。
「ほぉらぁ~動かないはずねぇずら!」
「おらぁこれから修理屋でも始めるか~」と笑顔で話した。

おばあちゃんのバリバリの甲州弁と90歳とは思えない元気に、僕も筋肉痛ごときでへこたれてたいけないとおばあちゃんから元気をもらった。
乾徳山に登る時は、是非「山吹荘」のおばあちゃんに会いにいってみてください♪

 この日記に書かれている場所はこの辺りです