日記

大無間山へ
2015.09.21

計画当初は、通常ルートである田代側からの登山が登山道の大規模な崩落があってできないという情報があり、光小屋から寸又峡左岸林道へ降りて、大無間山へは裏側から登る予定だった。しかし、旅が始まり大無間山が近づいてくるなかで、改めて最新の情報を地元の役場や今年大無間山に登っている登山者の登山記録などを、インターネットなどを使って確認した。

すると、登山マップには「通行不能」とあった鋸岳から小無間山の崩落箇所には虎ロープが設置されていて、役場の方からは「入山規制はしていませんが、逆に寸又峡林道は全面通行禁止で林道を経由する登山道も通行禁止にしてます。大無間山へは田代側からの登山をお願いします。」と言われた。

そのため、笊ヶ岳から再び南アルプスに入山後、椹島を経由して、上河内岳に登り、光小屋から寸又峡左岸林道へ下山して大無間山を登り、再び光小屋に戻り池口岳を登頂して遠山郷へ下山するという、かなりのハードな行程だった。
特に光小屋から大無間山の往復は2泊3日の行程で、その間は小屋もなく、店もないので3日分の食料を携帯しなくてはいけなかった。南アルプスでは一番ハードな区間だった。

今振り返れば、舗装路と林道歩きの距離は延びたが、荷物の量やテント泊が無くなり、トータルでは体への負担はかなり軽減されたので、田代から登山することができてよかったと思っている。

宿泊した民宿ふるさとに必要のない荷物を預けて6時半に登山口を出発した。田代側からのルートだから一安心ではなく、通常は1泊2日のロングコース、それをコースタイムの半分以下でいく予定だ。

IMG_20150921_094916

ピストンになったので、荷物を預けて軽くすることができた。
荷物の量が減ったことで、ペースも思い通りにコントロールができた。途中に唯一の小無間小屋までは杉林の間を抜けていく歩きやすい登山道だったが、小屋を過ぎると鋸岳に差し掛かり、細く急な岩尾根を通ることになった。岩は滑りやすく、アップダウンが続いた。

IMG_20150921_121639

崩落地が近づくと明るくなり、真新しい崩落地が目に飛び込んだ。
前情報では、通行不能とあったのでかなり慎重になっていたが、実際に現場に着くと、自分が想像していたほどではなかった。
戸隠山や八海山の方がよっぽどリスクが高いと率直に感じた。
しかし、崩れやすい状態ではあったので、ヘルメットをかぶって、落石を起こさないようにゆっくり確実に登った。
虎ロープが3本設置されていたが、ロープに頼りすぎるとバランスを崩しやすいので注意しなくてはならない。。

IMG_20150921_082824

崩落地をクリアーしてから30分ほどで、小無間山に到着した。
中無間山~大無間山と比較的緩やかな稜線を歩くのだが、雰囲気ががらりと変わり、南アルプスらしいオオシラビソと苔の多い森が広がっていた。

大無間山は南アルプスの主稜線からはポツンと外れているのに、しっかりと南アルプスらしい雰囲気があって意外に感じつつ、これぞ南アルプスという森林に心地よさを感じた。北アルプスのような稜線からの展望はなくても、ここでは南アルプスらしさがあるだけで十分だ。

山頂には10時前に到着した。シルバーウィークに入り、赤石岳や聖岳、悪沢岳などは大にぎわいだと聞くが、大無間山には数組の登山者にしか会わなかった。南アルプスの中でも、ここだけはいつもの時間が流れていた。

IMG_20150921_102852

山頂に30分ほどいたが、太陽が雲に隠れると一気に気温が下がるのを感じて、下山を開始した。
同じ道を戻っているつもりだが、小無間山への道は歩く方向が変わるだけで、一度歩いたことを忘れるような新鮮さがあった。
再び、崩落地を無事に抜けて、足場の緊張が続く鋸岳を抜け、12時過ぎに小屋を通過した。
そこからは、歩きやすくなるので、無意識に高まっていた緊張感がゆるんだ。

IMG_20150921_110800

午後1時過ぎに下山して、民宿に到着した。ほっとしてしまったためか、一気に疲れが吹き出し、駐車場に崩れるように座り込んだ。
今年も100の山に登るのだが、リスクの高い山になればなるほど、緊張感や集中力は必要になり、心身ともに消耗する。
明日の上河内岳で60座となる。残り40座、これから中央アルプス、北アルプスとまだまだ難所が続く、一つの油断もできない時間はもう少し続きそうだ。

 この日記に書かれている場所はこの辺りです