日記

中央アルプスへ
2015.09.26

飯田市での休みがあけ、今日から中央アルプスに入る。
中央アルプスと言っても今まで歩いたことのあるルートではなく、空木岳までは初めてとなる。
日本アルプスの中でも一番コンパクトで、アプローチもしやすい中央アルプスだが、今回のルートでそのイメージが変わることになるだろう。

飯田市から出発して1時間もすれば、人里から離れ、直ぐに山深くなる。
人気のない鳩打峠へと続く林道を歩き、さらに進むと大平宿という小さな宿場町に出る。休み処の看板に
「あっ!ちょっと小腹が空いたたから昼休みにちょうどいいや♪」
と、少し早く着いたのでなにかしら食べられるものがあるかな~と少し期待していたら…明治時代のまま、きれいに保存された大平宿のど真ん中に出たが、全く人気もなく静まり返っていた。
ちょっとしょんぼりしながら、摺古木山の登山口に向かった。

IMG_20150926_114008

地図を見るだけでも62座目の安平路山が遠く、そこまでの道のりが長いことがわかる。
しかし、この中央アルプスで1番注目していたのは、安平路山から越百山までの笹畑だ!場所によっては背丈を超えるらしい。
役場の方や知人、山岳ガイド、途中で会った登山者、ネットの情報など、皆口を揃えて
「道がなく、とにかく笹藪がスゴイ!!苦労する」
と言っていた。
そのため、かなり身構えていて、山中2泊しても大丈夫なように装備を用意していた。
地形的には危険なところはなく、北東方向に伸びた尾根をひたすら歩くだけだがとにかく笹藪が深いということだった。

今回初めて歩くので、事前の情報を確認してはいたものの、笹藪の状態や見通し、昔の踏み跡の状況、背丈を超える笹藪がどのくらい続くのか…など自分の目で見て確認しないと分からない状態だったので、事前のイメージを北海道の狩勝峠の笹藪に設定していた。
500メートルを進むのに、1時間以上かかったあの藪を。

IMG_20150926_142448

今までも、初めて行くルートで、かつ難所が多いところは、自分の経験を元になるべくハードルを高く設定して、イメージを持つようにしている。
そうすることで、実際の状況がイメージよりも低くなったときに、いい意味で緊張がほぐれ、ゆとりを持つことができる。
まぁアドベンチャーレースの場合、イメージのほとんどが覆されてしまうが…そこに面白さがあり、魅力があるからやめられない♪

濃い緑の樹林帯の間には、ちらほらと赤く染まったナナカマドなどが見えた。
笹畑の中に紅葉した木々が見事な秋のコントラストを演出していた。
南アルプスを通ったころには無い景色が広がっていた。

IMG_20150926_143330

摺古木山を経由して、中央アルプス1日目の宿泊先の安平路避難小屋に着いたのは午後3時半だった。
小屋の向こうには、すっかり黄色や赤に染まった安平路山が見えた。
あの山の向こうに明日の戦いの地が広がっている。
ログハウス風の安平路避難小屋にはマットやシュラフが常備されていて、冷え込む秋のアルプスの夜を過ごすのに助かった。
また水場も近くにあり、久しぶりに快適な避難小屋で一夜を過ごし、翌日に備えた。
イメージよりも優しい笹畑が広がっていることを願った。

IMG_20150926_153308

 この日記に書かれている場所はこの辺りです